Browse Prior Art Database

The laminating object which has the adhesion layer which consists of a copolymer of a 4-methyl-1-pentene and 1-hexene on the outside of substrate.

IP.com Disclosure Number: IPCOM000012225D
Publication Date: 2003-Apr-21
Document File: 6 page(s) / 32K

Publishing Venue

The IP.com Prior Art Database

Related People

Yusuke,Mishiro: INVENTOR [+2]

Abstract

The laminating object which has the adhesion layer which consists of a copolymer of a 4-methyl-1-pentene and 1-hexene on the outside of substrate. As composition of this copolymer, they are 50 - 80 % of the weight of 4-methyl-1-pentene contents, and 20 - 50 % of the weight of 1-hexene contents.Since this copolymer has self-adhesiveness, it can be used suitable for the use for which self-adhesiveness is needed by using for the outer layer at the time of considering as a laminating object. Moreover, since this copolymer has pliability, it does not have the necessity of blending plasticizer or softening agent so much, and it can prevent the problem or trouble of bleeding out of them.That is, by using this copolymer as an outer layer of a laminating object, this copolymer becomes possible acquiring a laminating object with very few bleeding out substances from a laminating object to a packed thing while giving pliability and adhesiveness, with the heat resistance, transparency, and safe health nature held which was excellent in 4-methyl-1-pentene system resin. As a concrete use, the use of the lap film with which high-frequency heating is presented, and the products of which heat resistance and pliability are required, for example, the container or a lid for microwave ovens, the container for retort pouch for packed foods and a transfusion bag, a squeeze tube, etc. can be mentioned.

This text was extracted from a Microsoft Word document.
This is the abbreviated version, containing approximately 16% of the total text.

 本発明は、4-メチル-1-ペンテンと1-ヘキセンとの共重合体からなる粘着層を外層に有する積層体に関し、特に積層体から被包装物への溶出物質が極めて少なく、耐熱性に優れた、自己粘着性を有する積層体に関する。

 近年、食品の保存、調理、あるいは各種の産業分野において、耐熱性、柔軟性および耐衝撃性に優れた特性を有する材料が求められている。例えば、食品を被包して保存または調理に利用するラップフィルム、食材を入れて電子レンジでの高周波による加熱調理を行う電子レンジ用容器および蓋、調理済み食品を入れて高圧高温で加熱・滅菌して保存に供するレトルト食品用容器等は、耐熱性に優れ、また、保存中に破れて内容物の逸失、汚損が生じるのを防止するために、柔軟性、耐衝撃性に優れることが求められる。また、輸液バッグ、スクイズチュ-ブ等の分野では、落下しても破損しないことが必要であることから、柔軟性および耐衝撃性は勿論のこと、さらに、透明性が高く、化学的に不活性であることが要求されている。

 従来、これらの用途にはポリエチレン、PVDC、PVC等が用いられていた。ところで、4-メチル-1-ペンテン系共重合体は融点が220~240℃であり、耐熱性、透明性、離型性などの各種の特性に優れることが知られており、またポリオレフィンであるため、安全衛生性にも優れている。4-メチル-1-ペンテンと1-ヘキセンとの共重合体からは、優れた透明性および柔軟性を有したまま、軟化剤が溶出しないラップフィルムが得られることが知られている(特開2001-172408号)。しかしながら、該共重合体から得られるラップフィルムは、コモノマー含有量が高いため、従来の4-メチル-1-ペンテン系樹脂と比較して耐熱性に劣る欠点があった。また、4-メチル-1-ペンテン系樹脂に液状ブテン系重合体および1-ブテン系固体共重合体およびプロピレン・ブテン共重合体をブレンドした粘着性組成物を、4-メチル-1-ペンテン系樹脂からなる基材層の両外側に積層してなる積層体は、オリーブオイル抽出量が少なく、耐熱性、柔軟性、カット性に優れていることも知られている(特開2002-307629)。しかしながら、該積層体においては、粘着層組成物中で塑性を与える役割を果たす、4-メチル-1-ペンテン系樹脂以外の成分を多量に配合する必要があり、ことため積層体からこれら成分の...