Browse Prior Art Database

The laminating object which has the layer which comprise a copolymer of a 4-methyl-1-pentene and 1-hexene on the outside of substrate.

IP.com Disclosure Number: IPCOM000012724D
Publication Date: 2003-May-22
Document File: 11 page(s) / 51K

Publishing Venue

The IP.com Prior Art Database

Related People

Yusuke,Mishiro: INVENTOR [+2]

Abstract

The laminating object which has the layer which comprise a copolymer of a 4-methyl-1-pentene and 1-hexene on the outside of substrate. As composition of this copolymer, they are 50 - 80 % of the weight of 4-methyl-1-pentene contents, and 20 - 50 % of the weight of 1-hexene contents. Since this copolymer has the outstanding gas permeability, by using for the outer layer, it can acquire a laminating object with easy control of the degree of gas penetration . Moreover, since this copolymer has low melt point, the heat-seal properties in low temperature becomes good. Furthermore, since it excels also in the pliability in low temperature, this copolymer can be used conventionally suitable also for the use from which the pinhole, the tear, etc. had become a problem on the occasion of refrigerated transport. That is, by using this copolymer as an outer layer of a laminating object, it becomes possible to give the function of gas permeability, heat-seal properties, and pliability, with the transparency and safe health property which were excellent in 4-methyl-1-pentene system resin, so it can use for a broad use by selection of the resin used as an substrate or an adhesion layer.Specifically,for example, as a use of the product for which the character of both gas permeability and heat-seal property are needed, a blood platelet preservation bag, a cell preservation bag, etc. are mentioned, and as a product for which the character of gas permeability and the pliability in low temperature are needed, the packing material for freshness maintenance of a vegetables and fruits thing (for example, a film, a sheet, a bag, a bottle, a box, tube container, etc.) etc. is mentioned.

This text was extracted from a Microsoft Word document.
This is the abbreviated version, containing approximately 9% of the total text.

 本発明は、4-メチル-1-ペンテンと1-ヘキセンとの共重合体を基材層の外側に有する積層体に関する。4-メチル-1-ペンテンと1-ヘキセンとの共重合体は、4-メチル-1-ペンテン系樹脂の優れた透明性、安全衛生性を保持したまま、ガス透過性、低温ヒートシール性、柔軟性を有するため、該共重合体を積層体の外層として用いることにより、基材層となる樹脂の選択、接着層となる樹脂の選択によって、幅広い用途に展開することが可能となる。

 4-メチル-1-ペンテン系樹脂は、融点が220~240℃で熱たわみ温度が高く、安全衛生性も高い等の特徴を有するため、各種の用途への利用が図られている。

 ところで、血小板保存用袋や細胞保存用袋には、現在、塩化ビニル系の材料が使用されている。しかしながら、塩化ビニル系の材料は、ガス透過性が低いことから、血小板や細胞保存可能な時間が短い。そのため、血小板保存用袋や細胞保存用袋の材料として、よリガス透過性の高い材料が求められていた。

 ―方で、4-メチル-1-ペンテン系樹脂は、ガス透過性は高いものの、機械的特性が低く柔軟性に欠け、また、そのフィルムは融点が高いことからヒートシール性に劣るため、ヒ一トシールにより作製されたバッグは安定性に欠けるという問題があった。一般に、ヒートシール性を改良する方法としては、低密度ポリエチレン、エチレン・プロピレン共重合体等のエチレン系樹脂を添加することが良く知られているが、4-メチル-1-ペンテン系樹脂においては、かかるエチレン系樹脂を添加してもヒートシール性はほとんど改善されず、逆に、分散不良を起こして耐衝撃性が低下するという欠点を有していた。そこで、4-メチル-1-ペンテン系樹脂フィルムのヒートシール性を改良する方法として、4-メテル-1-ペンテン系樹脂フィルムに、エチレン系樹脂以外の重合体を配合した4-メチル-1-ペンテン系共重合体組成物が積層されてなる積層シートが提案されている(特開2001-062968号公報)。しかしながら、該積層体をもってしても、ヒートシール層となる4-メチル-1-ペンテン系重合体組成物の融点が高いため、ヒートシール温度が高くなってしまう問題があった。

 また、従来から、野菜や果実などの青果物の腐敗や劣化等を防ぎ鮮度を保持するため、青果物を包装材で被包することが知られている。たとえば、レタス、ピ㮮.