Browse Prior Art Database

Shock-resistant Air Spoiler Fin

IP.com Disclosure Number: IPCOM000199144D
Publication Date: 2010-Aug-27
Document File: 2 page(s) / 109K

Publishing Venue

The IP.com Prior Art Database

Abstract

Fin that is made of plastic material called Air Spoiler is inserted between magnetic disks for the 3.5" model of two or more platters in order to raise the positioning accuracy of a head. Since it is plastic material, it can be defected at the impact test time. Then, the tip of Fin may bend, Disk may be contacted and a crack may be given. Therefore, it may become the cause of degrading the shock-proof ability of HDD depending on the amount of bending of Spoiler at the time of shock impression. In order to eliminate the above problem, the two following points can be done.  1. Change into a rigid high material and reduce the amount of bending.  2. Reduce the amount of bending by the device (the length of Fin is shortened) of form.

This text was extracted from a PDF file.
At least one non-text object (such as an image or picture) has been suppressed.
This is the abbreviated version, containing approximately 51% of the total text.

Page 1 of 2

Shock-resistant Air Spoiler Fin

  ヘッドの位置決め精度を向上させるため、2プラッター以上の3.5" モデルには、Air Spoiler と呼ばれるプラスチック材の Fin を、磁気ディスク間に挟ませる形で取り付けている。プラス チック材であるため、衝撃試験時に Fin の先端が撓んでDiskと接触し傷をつけてしまう可能性 がある。よって、衝撃印加時のSpoilerの撓み量によっては、HDDの耐衝撃性能を劣化させてし まう原因となりうる。この問題を取り除くには、下記の2点があげられる。
 1. 剛性の高い材料に変更し、撓み量を減らす。
 2. 形状の工夫(Fin の長さを短くする等)により、撓み量を減らす。

1番目の材料の変更は、コストの観点から材料そのものの変更は難しく、また、炭素繊維の含 有量を増やすことで剛性も向上できるが、パーツそのものの清浄度も同時に悪化してしまう。 本発明では、形状の工夫により衝撃印加時の撓み量を軽減し、Air Spoiler の耐衝撃性能の向 上を実現している。

形状の工夫により、衝撃印加時の撓み量を軽減するには、以下の方法がある。
 1. Fin の支持部を厚くする。衝撃印加時に Fin の重みで支持部が倒れるため、支持部を 強化する。
 2. Fin を厚くする。Fin は片持ち梁として支持されているため、Fin 自体を厚くすることで、 剛性は厚みの3乗で効いてくる。
 3. Fin の長さを短くする。同じく片持ち梁なので、剛性は Fin の長さの-3乗で効いてくる。

しかし、上記の方法には、それぞれ以下の様な問題点がある。
 1. 支持部を厚くすると、組み付け時に他パーツ(VCM, Carriage, Disk)と干渉してし...