Browse Prior Art Database

Shock improvement Ramp

IP.com Disclosure Number: IPCOM000235477D
Publication Date: 2014-Mar-04
Document File: 1 page(s) / 102K

Publishing Venue

The IP.com Prior Art Database

Abstract

Disclosed is a Ramp design for HDD shock robustness improvement. Regarding HDD using a Ramp structure, when an external shock is applied to HDD, Disk, Base and Ramp will be contacted, and Base material adhering to Disk and some errors will arise. This invention is proposed preventing some errors caused by particles of Base material.

This text was extracted from a PDF file.
This is the abbreviated version, containing approximately 100% of the total text.

Page 01 of 1

本発明では、RampにDiskのエッジを逃げる溝形状を設ける構造を提案する。 HDDが外部衝撃を受けた場合、衝撃の程度によりRampとDisk、またDiskとBaseが接触することがある。

これらの現象により、DiskのエッジにBase材が付着、さらにRampがDiskからBase材をそぎ取るような 形でHDD内部に拡散させてしまい、エラーが生じてしまう。

この問題はRampにDiskのエッジを逃げる溝形状を設けることで、解決することが可能である。


·Disk面と対向するRamp面に段差を有し、Load / Unload領域での接触または衝突を避ける構造を有する (Figure1)。


·さらにDisk面と対向するRamp面には、外部衝撃等によりDiskとRampが接触してもDiskのエッジを逃げ る、溝のような構造を有する(Figure1,2)。


·DiskのエッジとRampの接触を防ぐため、Diskのエッジより内側かつLoad / Unload領域より外側に、意 図的に接触させる形状をRampに有する(Figure1,2)。

Figure 1

Figure 2