Browse Prior Art Database

Hard Disk Drive Pivot Assembly Design which has two different type bearing

IP.com Disclosure Number: IPCOM000237550D
Publication Date: 2014-Jun-24
Document File: 1 page(s) / 295K

Publishing Venue

The IP.com Prior Art Database

Abstract

Disclosed is a Pivot assembly design of Hard Disk Drive. For coil torsion mode improvement, It is desirable that center of two bearings is same level with center of voice motor coil or center of disks. But in thin HDD cases, this is difficult for size restriction. Using appropriate two type bearings, pivot rotation center can be same level as VCM center or disk center, and it is possible to improve coil torsion mode.

This text was extracted from a PDF file.
This is the abbreviated version, containing approximately 69% of the total text.

Page 01 of 1

本発明では、2つの諸元の異なるbearingを用いたPivot assemblyを提案する。Coil torsion mode改善等の ためには、Pivot bearing中心、Diskの中心、及びVCM coilの中心を同じ高さにすることが有効であるとさ れている。しかし、薄いタイプのHDDでは寸法の制約が大きいため、Pivot中心と、Disk中心、または VCM coil中心を同じ高さとすることが難しい場合が多い。 ここで、VCM中心、Disk中心と高さを合わせることが重要なのは、Bearingの中心ではなく、Pivot倒れ モードの回転中心である。同じ諸元のbearingを2つ使用する通常のpivotでは、回転中心はbearing中心と 一致する。しかし、異なる諸元のbearingを2つ用いた場合には必ずしも一致せず、回転中心の位置は2つ のbearingの作用点及びradial剛性で決まる。回転中心を上方に移動させるためには、例えばFigure.1に示 すように上側のbearingのラジアル隙間を広げることで接触角を大きくし、上側の作用点を上方に移動さ せることで実現できる。他にも、ベアリングの他の諸元である、レース面の曲率、PCD等を変更すると いう方法でも実現可能である。 また、作用点の位置、radial剛性は、bearingの位置、及びbearing諸元によって計算可能であるため、こ れらを適切な値に設定することによっ...