Browse Prior Art Database

GREASE COMPOSITION COMPRISING ORGANOPOLYSILOXANE HAVING FLUOROALKYL GROUP AND ARYL GROUP FOR TIRE-MOLDING APPLICATION

IP.com Disclosure Number: IPCOM000250183D
Publication Date: 2017-Jun-08
Document File: 9 page(s) / 33K

Publishing Venue

The IP.com Prior Art Database

Related People

Taka Yokoyama: INVENTOR [+2]

Abstract

Use of the grease composition comprising organopolysiloxane co-polymer having perfluoroalkyl group and aryl group as base oil and PTFE(polytetrafluoroethylene) powder for tire-molding application. Specifically, the organopolysiloxane is metylphenylsiloxane-copolymer having trifluoropropyl group disclosed in WO2015/077391, and the grease composition can stably lubricate the surface of tire-molding article even under high-temperature of molding procedure.

This text was extracted from a Microsoft Word document.
This is the abbreviated version, containing approximately 10% of the total text.

Owner: DOW CORNING TORAY CO., LTD.

Author: YOKOYAMA TAKA, YAMAGUCHI TETSUJI

ENG TITLE: Grease Composition Comprising Organopolysiloxane Having Fluoroalkyl Group and Aryl group for Tire-Molding Application

<技術の概要>

分子中にアリール基、および-(CH-R (式中、Rは炭素原子数1~12のパーフルオロアルキル基であり、xは0~6の範囲の数である)で表されるフルオロアルキル基を有するポリオルガノシロキサンを基油とする潤滑剤について、タイヤ加硫成型金型(タイヤ加硫コンテナ)における潤滑剤に展開可能であるので、ここに当該技術を公開するものである。

【発明の名称】アリール基、フルオロアルキル基を有するオルガノポリシロキサンから成る潤滑剤のタイヤ成型機用潤滑剤としての用途

【0001】

本発明は、(A)分子中にアリール基、および-(CH-R (式中、Rは炭素原子数1~12のパーフルオロアルキル基であり、xは0~6の範囲の数である)で表されるフルオロアルキル基を有するポリオルガノシロキサンを基油とし、かつ、(B)ポリテトラフルオロエチレン1~200質量部を含有するグリース組成物の用途に関する。

【0002】

分子中にアリール基、および-(CH-R (式中、Rは炭素原子数1~12のパーフルオロアルキル基であり、xは0~6の範囲の数である)で表されるフルオロアルキル基を有するポリオルガノシロキサンは公知である。(特許文献1(国際公開公報WO2015/077391))

【0003】

【先行技術文献】

【特許文献】

【0004】

【特許文献1】国際公開公報WO2015/077391

【技術の概要】

【0005】

[用途展開]

上記の(A)分子中にアリール基、また-(CH-R (式中、Rは炭素原子数1~12のパーフルオロアルキル基であり、xは0~6の範囲の数である)で表されるフルオロアルキル基をさらに有するポリオルガノシロキサンは、タイヤ成型機用潤滑剤の用途に展開可能であるので、ここに当該技術を公開するものである。

【0006】

[アリール基、フルオロアルキル基を有するオルガノポリシロキサンから成る潤滑剤]

本技報に係る分子中にアリール基、また-(CH-R (式中、Rは炭素原子数1~12のパーフルオロアルキル基であり、xは0~6の範囲の数である)で表されるフルオロアルキル基をさらに有するポリオルガノシロキサンは、上記の特許文献1により公知である。

【0007】

さらに、後述する手法...